ミステリー・アリーナ

深水黎一郎さんのミステリー・アリーナを読みました。
ミステリー研究会OBが集まった中で起きた殺人事件。
このストーリーから、犯人を捜すというテレビ番組?の話しです。
犯人を指摘するのは一回のみで早い者勝ち。
選ばれた回答者が答えるわけですが、すぐに気が付いたのが回答者の名前が数字になってその順番準に出てくるという、なんともどうでも良い設定。
そして司会者の男性の独自の気持ちが悪いキャラ設定。
1人が答えて、その続きにはその答えを否定するような新発見が出てきます。
読んでいくうちに、かなり疲れてきてしまいました。
誰かに思い入れというか肩入れできないと、誰も信用できないし疑ってばかりになってつまらなくなってしまいました。

出来るだけ安い方が良い

自宅で使うものや着るものは出来るだけ安い方が良い、というのをモットーにしています。
だからインテリアにこだわった事もありません。
だって誰もこないし見られる必要がないのなら、見た目にこだわる必要はないかなと。
でもこの度、ルームシューズを購入しました。
ここ数年、夏で素足で履くようのルームシューズは麻のスリッパでした。
今使っているのは去年の夏の終わりごろに降ろしたもので、冬になる前に洗ったんですよ。
だから今年はそれでいいかなと思ったけど、なんだか感触が悪くなってきました。
色とかどうでもいいからとにかく安いヤツ!と思って探したけどありません。
汚れたら捨ててしまうのに1000円も出したくない。
でも迷った末に購入したら、快適な生活になりました。(笑)

かぶる傘はどうでしょう?

ネットの海をフラフラしていたら、WEB広告で「かぶる傘」というのがありました。
すぐに思い出したのが東京オリンピックの暑さ対策で打ち出されたあれです。
いくら両手が使えて便利とはいえ、それはないだろうと思っちゃいましたよ。
でもどうせやるのなら昔ながらの藁?とかだったらいいのに。
で、広告の傘ですがコレをつけている人に出会ったら二度見してしまいますよ。
農作業に良いって書いてあったから、確かにそれは良いかもしれません。
畑とか人に会わないようなところでなら、恥ずかしくもないし熱中症対策には適していますね。
おばあちゃんとかがつけていたら、なにげに可愛いと思いました。
ただ日本製じゃないせいか、不良品もあるみたいでしたね。

助けた方が損をするかもしれない

1人暮らしでいつの間にか息を引き取っていた人など、変死というのはけっこうあるものでしょう。
でもこのご時世では、亡くなってからPCR検査をしてみたらコロナだったというニュースをいくつも聞いています。
生きている人間は簡単には受けることが出来ない検査なのにお亡くなりになっている人には意外と可能なんですね。
道端で倒れていた人を介抱して救急車を呼ぶ。
遭遇したら普通に行うこの行為も、その人が新型コロナウィルスに感染していたとしたらいろいろと話しは別ですよね。
親切心で手を貸したのにもしかしたらその時に感染したかもしれないなんて酷いです。
こんな事例があったら、人が苦しんでいても助けないということになりかねません。

逮捕された人の言葉

麻薬がらみで逮捕された人の言葉を信用するのは難しいです。
ましてや、専門職でもない素人が「自分の研究のためにお金を出して欲しい」なんて言われてホイホイお金を出す人なんているんでしょうか。
コロナウィルスが死滅する機械
それがあれば、全世界から注目をあびることになるでしょう。
本物があればの話しです。
かつては大スターだった人の言葉とは思えないですよ。
でも彼のファンだったらお金を出すんでしょうか。
また薬を使いだして現実と妄想の区別がつかなくなっているんじゃないのかなと単純に思います。
検証した人がいて専門家に話しをもっていきましたが、無理みたいですね。
アーティストとして才能はあったでしょうけど、これからの人生はまっとうな一般人でいてほしいです。

ドーベルマンの誘拐

午前5時前、フードを被りリードを持った人間が門をあけてゆっくりともの中に入ると
餌をさしだして犬を連れ去りました。
これは連れ去られた飼い主さんの自宅の防犯カメラに映っていた映像です。
ドーベルマンの誘拐なんて信じられないですよ。
と思ったらかなり人懐っこいドーベルマンだったそうです。
体重が落ちてきていて病院につれていこうと思っていたときだったそうで、飼い主さんは心配しています。
防犯カメラではお散歩に行くのが楽しいなってくらいにはしゃぐドーベルマンが映っていてそれもまた可哀そうです。
人のおうちにいる犬は家族なのに誘拐なんてひどすぎますよ。
せめて大切にされているといいのだけど、飼えないと放し飼いにしたら交通事故なども心配です。

血圧上昇の落とし穴

血圧上昇の落とし穴、なんて聞くともう若くないのでドキッとしてしまいます。
帰宅してすぐにコートやマフラーを取るのは良くない!そうです。
室内が暖まったら脱ぐって言われても、さっさと脱ぎたいので難しいなぁ。
ストレスを感じると交感神経が刺激されて血圧が上昇する。
要注意って言ったってストレスを予防することなんて出来ないでしょうと思ったら改善方法がありました。
血管を拡張されるために、深呼吸をしたりドウコクのツボをストレスを感じたときに押すと良い。
血圧はお酒を飲んで7時間くらい下がるけれど、そのあとに上がるんですね。
就寝中に起きてトイレに行く時はカーディガンを羽織ったりちゃんとスリッパをはくべき!これは実戦出来そうです。

50代の警察官がひったくりに遭った

50代の警察官がひったくりに遭って拾得物として所持していたパソコンなどを盗まれたそうです。
それは・・・
犯人は警察官って知らなかったんですよね?
知っていたらそのパソコンになんらかの情報があってわざと狙ったとかドラマ的なことを想像してしまいました。
知らなかったとしたら、こういうニュースを知って青くなっていることでしょう。
でも警察署の脇にある歩道橋ってことは近い場所ですからね。
すぐに警察がかけつけられるという場所でもあるから、やはりどこかの組織の秘密の情報がそのパソコンには隠されていて・・というパターンかな!
まあ、どちらにしてもこの50代の警察官のかたの立場が気になりますね。
被害者でもあるけれど警察官としては大丈夫なんですかね。

また芸能人が

また芸能人が薬物所持で逮捕されました。
いつも思うことがあります。
一時の事で一生が決まってしまうと。
誰にだって、自分のことを見限って欲しくない大切な人が何人かはいるでしょう。
その人の為に悔い改めてもう薬物には手を出さない。
そう決めても、一度破壊された脳は自分ではコントロールが出来なくなると聞きます。
意志が弱いとかそういう問題ではないような状態になってしまったら、その規律が守れるか守れないかは紙一重。
アルコールもそうですけど、自分自身がコントロールできないなんてとても怖いことです。
時間がたれば体の中から消えるアルコールとちがって脳内の修復は難しい。
そんな状況になってしまい一生苦しむことになると、多くの人が知るべきです。

原因が分からないと怖い

朝食を食べてから2時間後くらいから腹痛があって大変な思いをしました。
落ち着いてからも水を一口飲んだだけでトイレに行くことになりました。
お昼は温かいにゅうめんに大根とねこぶ出汁とネギとしょうが味で食べました。
恐る恐る食べましたけど大丈夫でした。
食べ物を美味しく感じるって幸せですね。
さて。何にあたったのか、一番怪しいのは昨日茹でた、ゆで卵でした。
でもよくよく考えたら昨夜からラムネを食べていたんですよ。
某有名なラムネが大手とコラボしたものでいっぱい買いました。
ついついたくさん食べてしまうんですが、コレかも?
お菓子だからもちろん添加物が入っています。
でもミニのラムネで一袋も食べていないのにこんなになるかな?
原因が分からないと怖いです。