尿路結石の再発防止

尿路結石の再発防止には何が必要かご存じですか?
一日2リットル水を飲むと尿が薄くなるというのことがわかっています。
水を2リットルが難しかったらお茶でもなんでもよいので水分をとる。
運動はメタボ対策じゃなくて、動くと石が出やすくなります。
石がある場所によっては運動をすると逆効果になるところもあるので、医師と相談するべきだということです。
シュウ酸とカルシウムが一緒になると便と一緒に出て行ってくれる。
コレステロールを気にするのもありですけど、シュウ酸(ほうれんそう、たけのこ、) おひたし、かつおぶしなど。
シュウ酸が多いものでも湯がくと無くなるので湯がいて食べる方が良い。
いくら好きな食べ物でも尿路結石になると分かったら食べるのには工夫が必要ですね。

整形外科のお医者さん

整形外科では人の体を支え運動の支点としての物理的機能を持ち体内のカルシウム代謝に重要な役割を持つ骨、関節や胸郭などに存在し物理的な力に柔軟に対応する軟骨組織、骨・軟骨・その他の組織を結合や支持に働く線維性組織の靭帯、その他、末梢神経や筋肉など運動器に関わる疾患やケガの診察・治療を専門に行う診療科です。

骨という器官は人の成長に応じてその大きさは変化しており、骨折などの損傷を受けても経過治癒することから分かるように骨は活発に代謝し、常に成長しています。骨は成長期にはもちろん、成長期が終了してからも古い骨は破壊吸収され、新たな骨が形成され、成長を繰り返しています。骨の新陳代謝と呼ばれているもので、古い骨を壊し、新しい骨を再構築することで骨の強度を保っています。骨の主成分は身体で最も重要とされるカルシウムで、骨はその貯蔵器官としての役割も担います。骨を破壊吸収することで血液中のカルシウム濃度を上げ、骨を形成することで血液中のカルシウム濃度を下げ、身体が必要とするカルシウムの濃度を調整しています。

整形外科では骨を損傷する「骨折」、骨と骨をつなぐ関節がずれる「脱臼」、転倒やものに強くぶつかるなど外的圧力により傷口を伴わず軟部組織が損傷する「打撲」、膝の関節にある軟骨が、変性・磨耗・異常な増殖性の変化を呈する「変形性膝関節症」、骨密度が減少し、骨がもろくなり骨折しやすくなる「骨粗しょう症」、脊柱管という神経を囲む管が狭窄する「脊柱管狭窄症」、その他にも椎間板ヘルニア、膝半月板損傷、関節リウマチ、坐骨神経痛などが診察・治療の対象になります。

西洋医学においては、薬の働きによって身体の内部から治療する内科、手術によって病変部分を除去する外科に大別されてきました。その後、解剖学や病理学などの基礎医学が発達するとともに、臓器別に治療方針を立てて特定の分野をより専門的に診るようになり、それぞれの専門心療が分化してきました。整形外科は、手足の先天奇形やポリオによる麻痺に対する治療などの外科的治療が行われ、そのうち四肢と脊椎を中心に骨・関節・靭帯・神経・筋肉などを全般的に扱うように専門性が高まっていった領域です。最近では先に述べた骨折・打撲、変形性関節症、椎間板ヘルニア、などの外科的治療に加え、薬の投与や運動機能を回復させるリハビリテーションなど内科的治療も行うようになってきています。整形外科のお医者さんで転職したい人はこちらもご参考に