勘違いしてました

子供の頃は鉛筆を使っていましたが、高校生ではすでにシャープペンシルでしたね。
中学校ではシャープペンシルは禁止だったような気がします。
芯を変えると書きやすいとかがあるから、自分ではは0.5センチ標記のものは駄目なんだと思っていました。
しかし、後輩の薬剤師君に指摘されたんですけど勘違いをしていました。
太さではなく種類が違うということです。
芯の硬さでHBとか2Hとかあれの違うだったんですね。
帰宅してからネットで調べてみたら芯が柔らかいものから順に6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hとあるそうです。
そんなに種類があったんですね。
Fってどれくらいの硬さなんだろうか?と疑問に思っていたのでこれをみていっぱつでわかりました。