自宅に処方薬を郵送

自宅に処方薬を郵送してくれるという仕組みは患者にとっても病院側、薬剤師側からしてても良い方法だと思います。
スマホやテレビ電話で薬剤師が薬の使い方を説明するそうですけど顔を見ながら説明する意味が分からないです。
ただの電話でいいじゃん。
そりゃあ、相手の顔を見て不審だったり具合が悪い情報がわかったりするかもしれませんけどほとんどないような気がします。
2020年度を目途に全国に普及させる予定です。
オンライン診療は慢性疾患を原則として初診や急病は対面にします。
病院に行って何時間も待つとか嫌ですし混雑緩和になりますね。
しかしその反面では高齢者には不向きだし、薬が届くまで時間がかかってしまうという難点もあります。