緋色のシグナル

麻見和史さんの[緋色のシグナル 警視庁文書捜査官 エピソードゼロ]を読みました。
えーっと、彼の本は必ず連続殺人で3人まで殺されるというのがデフォなんでしょうか。
他のシリーズでも3人ばかり。
あとは、その被害者は復讐で殺されるのであって大抵は過去に嫌なことをしている輩です。
いつもは犯人捜しみたいなことはせずに、普通にストーリーをおっていきます。
でも今回は「あ。この人が犯人かな?」ってなんとなく思った人が本当に犯人だったので違って意味でビックリですよ。
途中で内通者として協力要請をしたので外れたかなと思いましたけど、ただのわき役じゃなかったです。
すでにあるシリーズのエピソードゼロ。
悪くないけど良くもないうのが私の感想です。