血圧上昇の落とし穴

血圧上昇の落とし穴、なんて聞くともう若くないのでドキッとしてしまいます。
帰宅してすぐにコートやマフラーを取るのは良くない!そうです。
室内が暖まったら脱ぐって言われても、さっさと脱ぎたいので難しいなぁ。
ストレスを感じると交感神経が刺激されて血圧が上昇する。
要注意って言ったってストレスを予防することなんて出来ないでしょうと思ったら改善方法がありました。
血管を拡張されるために、深呼吸をしたりドウコクのツボをストレスを感じたときに押すと良い。
血圧はお酒を飲んで7時間くらい下がるけれど、そのあとに上がるんですね。
就寝中に起きてトイレに行く時はカーディガンを羽織ったりちゃんとスリッパをはくべき!これは実戦出来そうです。

50代の警察官がひったくりに遭った

50代の警察官がひったくりに遭って拾得物として所持していたパソコンなどを盗まれたそうです。
それは・・・
犯人は警察官って知らなかったんですよね?
知っていたらそのパソコンになんらかの情報があってわざと狙ったとかドラマ的なことを想像してしまいました。
知らなかったとしたら、こういうニュースを知って青くなっていることでしょう。
でも警察署の脇にある歩道橋ってことは近い場所ですからね。
すぐに警察がかけつけられるという場所でもあるから、やはりどこかの組織の秘密の情報がそのパソコンには隠されていて・・というパターンかな!
まあ、どちらにしてもこの50代の警察官のかたの立場が気になりますね。
被害者でもあるけれど警察官としては大丈夫なんですかね。

また芸能人が

また芸能人が薬物所持で逮捕されました。
いつも思うことがあります。
一時の事で一生が決まってしまうと。
誰にだって、自分のことを見限って欲しくない大切な人が何人かはいるでしょう。
その人の為に悔い改めてもう薬物には手を出さない。
そう決めても、一度破壊された脳は自分ではコントロールが出来なくなると聞きます。
意志が弱いとかそういう問題ではないような状態になってしまったら、その規律が守れるか守れないかは紙一重。
アルコールもそうですけど、自分自身がコントロールできないなんてとても怖いことです。
時間がたれば体の中から消えるアルコールとちがって脳内の修復は難しい。
そんな状況になってしまい一生苦しむことになると、多くの人が知るべきです。

原因が分からないと怖い

朝食を食べてから2時間後くらいから腹痛があって大変な思いをしました。
落ち着いてからも水を一口飲んだだけでトイレに行くことになりました。
お昼は温かいにゅうめんに大根とねこぶ出汁とネギとしょうが味で食べました。
恐る恐る食べましたけど大丈夫でした。
食べ物を美味しく感じるって幸せですね。
さて。何にあたったのか、一番怪しいのは昨日茹でた、ゆで卵でした。
でもよくよく考えたら昨夜からラムネを食べていたんですよ。
某有名なラムネが大手とコラボしたものでいっぱい買いました。
ついついたくさん食べてしまうんですが、コレかも?
お菓子だからもちろん添加物が入っています。
でもミニのラムネで一袋も食べていないのにこんなになるかな?
原因が分からないと怖いです。

なんでもかんでも代行業

職場に辞表を出せないので退職代行に頼む、なんてことももう何度も話題になっていますね。
子供の宿題代行だってよくそんなことを仕事にしようと考えたものです。
そして笑ってしまうのがリア充アピール代行です。
物心ついたころにはネットが普及していてSNSは当たり前の世代は大変ですね。
自分がそんな時代に青春時代があったとしたら?
それでもリア充をアピールするためにお金を払うという気持ちにはならなかったと思いますよ。
充実した生活を送っていますってアピールしてなにが楽しいんでしょうかね。
今まさに全く充実していない、将来に危機感を覚えてあせっている状況なのでそんなくだらないことをしている暇は心にも金銭的にもないです。
病んだ人を相手に商売する人もする人ですよ・・・

さっさと夏は通り過ぎてほしい

今日はなんだか涼しいなぁと思って、温度計を見たら31度でした。
ああ、涼しいはずだ・・・となりましたが、いやいやいや30度超えてますよ?
子供のころは30度までいってしまったらものすごく暑いし、大変だ!ってなりましたよね。
ここ数年で人間の体温並の気温まで行くことが多々あったので、暑い気温がかわっているんでしょうね。
体感温度としても、涼しいと感じてしまうのだから不思議なものです。
これは真夏の酷暑が続いたあとだからというのもありますね。
肌がチリチリと焼けるような日差しがあって、エアコンがなければ死ぬかもしれないと本気で思った日々から解放されたのだからなれっていうのも恐ろしいような助かるような。
さっさと夏は通り過ぎてほしいです。

映像があたりまえにある時代

今は起きた事件や事故の映像があたりまえにある時代ですね。
誰もが何もかも録画しているなんてちょっと前では考えられませんでした。
インドの遊園地で振り子のような遊具が根元から折れて3人死亡28人が怪我したという事故が起きました。
上記の通り、映像があるわけです。
映像を見たらすごく怖い動画でした。
18メートル近い高さから落ちるんですよ。
運営会社が絶叫マシンを稼働させる許可を得ていなかった疑いもあって調べているそうです。
あんなのを見たら絶叫マシンとかは乗る気がしないです。
日本の場合は信頼は出来るけど、なにもかも[絶対に安心な遊具]なんてないような気がします。
遊びにきているのに事故にあい、命を失ってしまった人のご冥福を祈ります。

死亡した家族のマイル

死亡した家族のマイルは相続できるかどうか?
というネット記事を見ました。
簡単ではないみたいだけど、不可能でもないようです。
自分は飛行機には乗らないのでマイルはありません。
ただ、ポイントサイトで細々とポイントをためているからそれについては、自分が死んだあとに有効期限切れになったら勿体ないですね。
急死したときのことよりも、有効期限切れとかポイント消失とかいろいろあるだろうし、自分は交換可能のポイントになったらなるべく早く現金に交換しちゃいます。
500円とかでも。(笑)
効率が悪いものはその時点でやめてしまいます。
昔はもっとたくさん登録していたし、今よりも時間を多く使ってためていました。
今は時間の方が貴重なのでやれるだけしかやっていません。

緋色のシグナル

麻見和史さんの[緋色のシグナル 警視庁文書捜査官 エピソードゼロ]を読みました。
えーっと、彼の本は必ず連続殺人で3人まで殺されるというのがデフォなんでしょうか。
他のシリーズでも3人ばかり。
あとは、その被害者は復讐で殺されるのであって大抵は過去に嫌なことをしている輩です。
いつもは犯人捜しみたいなことはせずに、普通にストーリーをおっていきます。
でも今回は「あ。この人が犯人かな?」ってなんとなく思った人が本当に犯人だったので違って意味でビックリですよ。
途中で内通者として協力要請をしたので外れたかなと思いましたけど、ただのわき役じゃなかったです。
すでにあるシリーズのエピソードゼロ。
悪くないけど良くもないうのが私の感想です。

酩酊していて暴力

酩酊していて暴力をふるうというのは紛れもない犯罪です。
自分は酔っ払って人に迷惑をかけたことはないので、酔っ払いの行動については大嫌いだとしか言えません。
酔っているからなんて言い草には腹が立ちます。
某芸能人の男性がナンパに失敗した女性に暴行を加えたというやつ。
平手打ちだけではなくて、おいかけて蹴ったなんて男の風上にもおけない。
軽い平手打ちであざにはなっていないとはいって加害した行為には違いはない。
それ自体を強く罰しなければならないのに日本の法律は緩すぎる。
お酒を飲んでいて覚えていない、というのは免罪符にならないし、そもそもそう言うことが逆効果だということに気が付かない馬鹿な男ですね。
もう芸能人でいる必要はないです。